モーターの巻き線抵抗計

三相交流モーターにはそれぞれの巻き線の相関で抵抗値がある。これを巻き線抵抗値と言う。

計測の仕方は抵抗計を使ってモーターケーブルの3本のうちに2本に端子をあてて抵抗値を計るだけである。

 

検査の合格基準は各相の抵抗のバラツキが平均の5%以内に収まっていることである。

PM同期モーターの特徴

PAGE TOP