流量・圧力が出ていない

まずは配管の流量計・圧力計でしっかりと測定してください。どちらかの計測器しかない場合は、稼動点での電流値を計ります。稼動点の電流値はモーター効率や力率、また性能曲線からの流量・圧力で出す事ができます。これらの数値からポンプがちゃんと仕事をしているのか、それとも仕事をしていないのかを掴みます。

圧力・流量、そしてその際の電流値(できれば電圧)を把握してください。

電流値(A)= 1.1kw(モーターサイズ)x1000 / √3 x  200V(使用電源) x 0.9(モーター力率)x 0.9(モーター効率)

※モーター力率とは誘導モーターのすべり(スリップ)のこと。スリップが増えれば力率は下がる(0.7など)。すると電流値(A)は上がってしまう。

そして実測された電流値が計算から出た値よりも高すぎる場合、低すぎる場合、同じの場合でそれぞれ見ていくポイントを絞ります。ポンプ内でキャビテーション(沸騰現象)が起きていれば、流量も圧力も落ちます。フィルターなどを配管に入れている場合、詰まり等を起こしていれば流量は減り、圧力は上がっているかもしれません。

 

電流値を見る時に、ポンプが ①カスケードポンプ か ②渦巻きポンプかでその見方は変わってきます。

①カスケードポンプ:流量が増えるほどに電流値は下がっていきます。締め切り運転になるほど電流値が上がります。

②渦巻きポンプ : 流量が増えるほどに電流値は上がっていきます。締め切り運転に近づくほど電流値は下がります。

 

上記のようにカスケードポンプと渦巻きポンプでは電流値に関して反対の動きを示しますので注意が必要です。

・電流値が定格の半分以下 → 空運転の可能性(渦巻きポンプ/カスケードポンプ)

・電流値が定格の半分 → 閉塞運転(渦巻きポンプ)

・電流値が定格以上 → ①締め切り運転(カスケードポンプ) /  ②流量超過(渦巻きポンプ)

①カスケードポンプの場合、弁を閉めすぎ流量が絞られ過ぎると、電流が定格値以上になります。この場合は弁を開けて流量を確保します。

②渦巻きポンプの場合、弁を開けすぎ流量が出過ぎると、電流が定格値以上になります。この場合は弁を開けて流量を絞ります。

 

 

 

キャビテーションが起こり能力が出ない

ポンプの能力が出ない理由として多いのはキャビテーション(沸騰)または媒体にガスが含まれている状態です。キャビテーションの解消にはまず開きすぎた弁を絞り流量を下げることで、ポンプのNPSHRを下げて上げることが1つ。もう1つは押し込み圧のNPSHAを上げる方法で抵抗になりそうな直管配管をストレートに変えたり、ポンプ吸い込み口の配管のストレート部を出来るだけ長く、そして配管は太くするなどがあります。

 

能力(圧力・流量)が足りない

ポンプを実際に装置内で動かしてみると、予想以上のシステム抵抗値の影響によって、流量が出なかったり、圧力が足りないという事があるかもしれません。そんな時にポンプを丸ごと交換するのは大変です。お手元にインバーターがあれば、ポンプに接続し回転数を上げる事で、モーターサイズの定格範囲内ですが、能力を上げられるかもしれません。

スペックが使用する誘導モーターならば下は45Hz上は65Hzまで周波数を可変することができます。またPMモーターポンプならば、もともとがインバーター駆動のポンプなので0~200Hzの広範囲で稼動点を選択することができます。

スペック社PMモーターポンプ 製品ラインナップへ

 

使用主電源とモーター端子の配線が違う

日本国内では200V使用もあれば400V使用もあります。スペックモーター自体は200V・400Vのどちらでも使用できる共用モーターを使っていますが、モーター端子の配線は200V使用ならばΔ結線に、400V使用ならばY結線にする必要があります。

400V使用のY結線は左の図のように短絡バーが横にかかっています。これを200VのΔ結線にするにはY結線の短絡バーを取り除いてΔ結線に変えます。

この使用電源と端子結線が違うとモーター損傷に繋がりますので、間違えずに結線する必要があります。

 

Y結線とΔ結線の例①

 

 

Δ結線の例②

   

 

平行ねじ(Gねじ)とテーパーネジ(PTねじ)の接続

最高350℃の高温油用のスペックポンプTOEシリーズには下記の写真のようにカウンターフランジが付いています。

カウンターフランジはねじこみ式(平行ねじ または テーパーネジから選択)か 溶接式の2種類から選ぶ事が出来ます。

Gねじ接続の場合、ねじ込む配管もGねじである必要があります。またGねじ同士ですと、どこまでもねじ込めてしまいますので、めすねじの底にOリングを入れるか、おすねじの方にOリングを挟むかします。めすのGねじにおすのPTねじを入れることはできません。PTねじ接続の場合、ねじ込めるのはおすのPTねじになり、この場合Oリングなどを入れる必要はありません。

ユーザー様によってはシールテープをGねじやPTねじに巻き、より漏れにくくする場合もございます。

PAGE TOP