スペック社のギアポンプZYシリーズはヨーロッパでEV(電気自動車)用・急速バッテリー充電器の冷却ポンプとして採用されています。

短時間でバッテリーを充電するためには、電流値の引き上げと高出力化が必要です。しかし充電器が高出力化になれば、それに伴い発生する熱も大きくなっていきます。

 

CHAdeMoと呼ばれる日本の急速充電方法では2020年にはチャージ(充電)接続口が強制液冷仕様の60℃以下制御となっていますが、そこまで発熱温度が高くはないために現状での冷却方法は空冷が主流となっています。日本のCHAdeMoでの充電器は最大でも50kwです。

欧州の急速充電方法であるCCS(Combined Charging System 通称コンボ)では既に最大350kwの充電器を実用化しチャージャーのコネクターも高温下します。その場合、日本のような空冷方式ではチャージャーを充分に冷却できず、水冷の冷却方式が主流になっています。

欧州では長距離運転をする車が多く、そのためには短時間の充電器が必要という背景があります。反対に日本では短距離運転の車が多く、充電器とコストの兼ね合いで現状のような最大50kwという背景があります。

ヨーロッパにおいて充電器コネクターの先端に熱媒体を流して冷却しているのがスペック社のZYギアポンプです。

 

ZYギアポンプの特徴

 

ZY-13XX ギアポンプの詳細

【能力の特徴】

容積式ポンプ

脈動が少ない

高圧・低流量

低電力

 

【モーターの特徴】

BLDCキャンドモーター

メンテンナスフリー

回転数可変可能

 

【ポンプ能力】

【材質】

ケーシング:GGG40 鋳鉄

ギア:1.7131 ステンレス鋼

ベアリング:ブロンズ

PAGE TOP