建材

概要

長年の間、日本のビルや住宅の窓枠には安価なアルミ製が使われてきました。その理由は日本では断熱性を示す「熱貫流率」に対する最低基準が存在しなかったため、断熱性の低いアルミ製の窓枠が使用され続けれ来たためです。スペック本社のあるヨーロッパでは、この窓の断熱性に対する高い要求基準があるため、樹脂製窓枠がスタンダードです。この樹脂製窓枠を製造するにあたって広く使用されているのが、省エネ型水封式真空ポンプシステムのBluVac(ブルーバック)そしてBluLine(ブルーラインシリーズ)になります。窓枠成型はその製造工程上、成型時に吸い込むガス量が段階によって大きく異なります。(高真空が必要なのはスタート時の最初の時間のみ。)自動のインバーター制御により、その時に応じた必要最小回転数で運転するため、押出し成型1ラインにつき年間で何十万円の省エネを実現することができます。

採用理由

・プラスチック窓枠の押出ラインに特化したBluVacは年間の電気料金を何十万円単位で削減する。

・BluVacは付属のセパレータンクのおかげで6(m3/h)の水を吸い込めるため。

お問い合わせ

※ *印の項目は必須項目となりますので、必ず入力してください。

 
PAGE TOP