プラスチック成型

概要

現代では欠かす事のできない材料プラスチック。小さい部品から車体のフレームまで数多くのプラスチック製品を成型する際にスペック社のマグネットポンプは使われています。プラスチック用を成型する際には温度を一定に調整する事が重要です。また最近のプラスチック成型業界では、品質向上や環境対策の目的で180℃を超える高温水による成型が行われています。スペックのマグネットポンプHTシリーズでは、ポンプの耐圧を上げる事により、高温水180℃・220℃でも使用できます。ヨーロッパの自動車業界では既にこの高温水向けポンプHTシリーズが数多く使われ始めています。

採用理由

・高温水180℃まで扱えるマグネットポンプを探していた。

・油350℃まで使用可能であること。

・装置に対して高い圧力を必要としていたが、これを満たすポンプがスペック社のみであったため。

関連製品

お問い合わせ

※ *印の項目は必須項目となりますので、必ず入力してください。

 
PAGE TOP