サイドチャンネルポンプ

スペック社のサイドチャンネルポンプは多段式インペラータイプにより、大流量・超高圧を達成するポンプです。耐圧は4MPa構造で、熱媒油は―100℃~350℃まで、水は最高180℃まで使用可能です。ヨーロッパではこのような大型のサイドチャンネルポンプの需要が多くあります。

サイドチャンネルポンプ(タービンポンプとして知られる) は連続水圧装置であり、渦巻きポンプの一種です。ハイドロダイナミックポンプとして分類されます。

数十年の間、スペックはサイドチャンネルポンプの研究開発、製造を行い続けてきました。2015年のSKそしてASKシリーズはモジュラーシステムとして完璧にリバイスされました。

750 m³/h  400 mまでの稼働領域に対して, スペックは目立った研究用のフレームワーク、開発とテストを行い続けています。

用途領域

  • 厳しい使用環境における、媒体の輸送・充填・排水に適しています。
  • 不純物を含まない軽い汚染水の使用も可能です
  • ガスを含んだ媒体の使用に可能です 自給式ポンプです。
  • NPSHインデューサーステージ付のサイドチャンネルポンプ(追加のラジアルインペラー)は高い有効NPSHになります。そのため、沸点に近い温度の媒体でも輸送することができます。
  • 多段式インペラーにより、高圧が可能です。

デザイン

  • 多段式インペラーを構成するモジュラーシステム
  • NPSHインデューサーステージ(ASK) コンビポンプ
 
 
PAGE TOP