バルブ制御が要らないPM同期モーターポンプという回転数制御

スペックポンプにはPM同期モーターポンプというVFD駆動タイプのポンプがあります。回転数を1000~4000回転に自由に変える事で幅広い能力をカバーできる省エネにも適したポンプです。幅広い回転数でポンプを運転できるという事はこれまでのようなバルブによる制御が要らなくなるという事でもあります。つまりこれまでのバルブによる圧力損失がPMポンプのような回転数制御のポンプの場合には起きなくなるのです。

下記の曲線はPMポンプの1000~4000回転の曲線を示しています。黄緑色のシステム抵抗曲線との交点は最大能力になる4000回転時には青い点になり、もう少し流量を落としたい場合はバルブを絞る代わりに3000回転まで落とし赤い点にします。この時にはバルブがないためにバルブによる圧力損失は起きていません。

バルブによりエネルギーロスが起きないため、PMポンプの消費電力は常に必要最小に留めておくことが可能になります。

誘導モーターとPMモーターポンプの違い

A.誘導モーター・マグネットポンプ B.PMモーターポンプ
使用温度帯 マイナス100℃から+350℃まで マイナス100℃から+350℃まで
※低温ではフッ素系媒体-100℃まで使用可能
※低温ではフッ素系媒体-100℃まで使用可能
使用電源 商用電源(AC200V)でモーターを回せる
※インバーター使用も可能(45~67Hz)
インバーターでモーターを可変回転させる。
(省エネになるためIE規格外に→モーター高効率規制に有利)
商用電源だけでは回せずに、
インバーターを使用して回すタイプ。
サイズ 通常(スペック社は他社よりもコンパクトと評価されています) 誘導モーターよりも更にコンパクト・キャンドは最小サイズ
規格 CE規格  UL規格 GB規格 安全増ATEX など取得可能 CE規格  UL規格 GB規格 安全増ATEX など取得可能
※インバーターもCE・UL規格取得済み
モーター規格 IE3(2020年12月現在) ※PMモーターはIE規格外(モーター効率はIE4以上)
→モーター高効率がIE4に上がった際に変更の手間がない
モーター過負荷 バルブを締め切り過ぎた場合に
定格電流値を超えるモーター過負荷は起こり得る。
※スペックPMモーターはモーター定格電流値を超えようとすると自動的にインバーターがモーターを減速させる設定になるためモーター過負荷は起こらない。
能力(流量・圧力) システム抵抗値により1点に決まる インバーターの可変により最高4000回転(※ポンプにより変わる)まで様々な能力を選択できる
能力の調整 吐き出しバルブの開閉で調整 インバーターによるモーター回転数変更で調整

PAGE TOP